モゴローなんちゃって日記

      フォト短歌、影、心に浮ぶ言葉たち。

エッセイ

父との帰り道

昨日の教会の帰り、父と私です。父はいまや押し車(シルバーカー)なしでは外での歩行は難しくなっています。父の足が弱りだしたのはコロナ禍が始まったのと同時期ですが、ちょうどその頃から車で送迎して下さる方がいて助かっていました。昨年秋からその方…

混ざり合う気持ち

少し前、近くに住む母から「教会に置いてある聖書と讃美歌を持って帰ってほしい」と言われました。母は心の病を患い、近年は足の痛みもあって外出はほぼできません。教会へはかれこれ8年くらい行ってないです。行ってないと言うか、行けないでいます。その前…

松尾ジンギスカン すすきの支店

「娘のバイト先を訪ねる」の巻 卒業ということで優しいお母さんは引越しの手伝いに。めっちゃ大変でした笑。それはさておき、一度娘のバイト先に行ってみたかったモゴロー。 入学から2ヶ月経ってバイトを探し出した娘。決まった先は「松尾ジンギスカン すす…

神のみわざはただしく

葬儀用楽譜ファイル。葬儀に弾かない曲も写ってます。 10日前葬儀の奏楽をしました。高校生のときから奏楽をしている私は奏楽歴だけは長いのですが、初めて葬儀の奏楽をしたのは今の教会に移ってからです。現在の職場になって、週日に定休日があったり、午前…

私の影0216

陽のあるうちに洗濯物干す(傘さしてるみたい)---------- 多分夜型人間なのだと思う。1日の休日であっという間に夜昼逆転するタイプ。夕焼けは見ても朝焼けを見ることはほぼない。 昔、仕事をしていない時期があり、晴れの日はせっせと布団を干し、カーテ…

間に合わないなんてない

どんなものにだって耳をすまして歩く あらゆるものに 気づくことができるように 失わないように …… …… もう一度だけ 一緒に始めよう “間に合わない”なんてない ------------- この曲でデビューした時にテレビでチラッと見て、 いい歌だなぁと思ったけれどそ…

まりも伝説

昨夜パソコンを開いたら、ネットニュースで「阿寒湖のマリモが大量に打ち上げられる」が目に入った。え、まりもが。 「まりも」の思い出、それは中学2年の時同じクラスだったM島くんだ。風変わりで面白い男子だった。女子とも話しが合って、私も時々お喋り…

今夜気になったこと

家事は嫌いだが、避けては通れない道ゆえとぼとぼ歩く毎日。嫌いって言うかめんどくさい!皆さん、そんなことないですかね…。でもこんな写真載っけるからには、今日はましな日です。そこそこ美味しそうに見えると思いますが、美味しそう、ってのと、美味しい…

思い返す言葉。グスタボ・イソエ。

鷹野隆大さんの写真展に行ってきたことを伝えました。 帰宅してからリーフレットにある鷹野さんの言葉を読んでいたら、「この装置が教えてくれたのは、いかに自分が『見たいものを見たいように見ていたのか』だった」とあった。 私はグスタボ・イソエさんの…

「娘は戦場で生まれた」

今さらながらではありますが、私はこの映画を昨年7月に見ました。 公開が3月からでコロナと被ったため見た人は少なかったのではないかと思います。今春?Eテレで短縮版が放映されていたみたいです。 今となってみれば、昨年7月のコロナ状況はまだ大したこと…

静かに見ている(ハマスホイ)

買ってしまった…。少し前に遠藤周作さんの「影に対して」という本を紹介しましたが、その表紙の絵。なんとも言えず心惹かれるものでした。編集者はどうしてこの絵を選んだのだろうかと。 私は知らなかったのですが、有名な画家なのですね。 ヴィルヘルム・ハ…

出血性胃炎とわかってうれしかった話

昨日の朝、健康診断に行ってきた。大きい病院に勤めているときは、職員の健診日が決まっていて一斉にしてもらえていたが、個人クリニックに勤務するようになってから、自分で健診病院に申し込む形なので、めんどくさがりの私はずるずる年度末になることが多…

「かに道楽」じゃなく

昨日は「成人の日」でしたね。成人式が中止になったところもあったようで、楽しみに準備していた人にとってはがっかりだったでしょう。一方、成人式に行きたくない人、行きたくても行けない人にとっては、どこかほっとした日になったかもしれません。 私は「…